COVID-19の予防医療について考察

どうも、三吉祐司です。

今日は、新型コロナウイルスについて、色々と情報が出そろって来ましたので少し考察をしようと思います。

アメリカでは治療薬としてレムデシビルが、日本ではアビガンあたりが有効なのでは?と試されてきましたね。

これはRNAポリメラーゼ阻害剤という薬の一種で、人の遺伝子が二重螺旋のDNAなのに対し、エボラやコロナなどの遺伝情報は一本鎖になっています。

この一本鎖の遺伝子の事をRNAというのですが、例えばRNAのウイルスが体内に入ってしまうと活性化して、複製し、増えることが分かっています。

そして、RNAウイルスが活性化するのを防いで、ウイルスを増やさないようにしようというアプローチをするのが、このRNAポリメラーゼ阻害剤なのです。

一方で、中国が治療薬として実験をしていたカレトラは、また違った薬です。

これは元々、抗エイズ薬として使われていたもので、プロテアーゼ阻害剤というものになります。

ウイルスそのものが増えるのを防ぐのがRNAポリメラーゼ阻害剤なら、ウイルスに感染した細胞の分裂を防ぐのがプロテアーゼ阻害剤です。

さて、頭の良いうちの読者さんならもうお気づきでしょう。

どちらも治すのではなく、増やさないようにするだけ。

つまり増え切った状態では全く意味がなく、重症化してからでは遅いという事になります。

では、重症化する前に飲めばいいのですが、それには4つの問題点があります。

1つとして、副作用の問題。

レムデシビルもアビガンも劇薬とされ、妊婦に投与は適切でないとされています。

奇形児が産まれるリスクがあり、肝機能や、腎機能に障害が起こる可能性があります。

さらに、十分なデータがあるわけでないので、奇形児のリスクがいつまで続くのかが分かっていないのが現状です。

カレトラも有効とされていますが、カレトラの副作用が未知です。

現状すでに、肺炎、ヘルペス感染症などのリスクが上がるのでは?と言われています。

2つめに、入手のしにくさ。

これらの薬は日本で無症状の人が入手するのは非常に難しいです。

3つめとして、価格面

カレトラは一錠319円程度、レムデシビルは一人25万円、アビガンの価格は分かりませんでしたが安い物ではないでしょう。

4つめは、PCR検査の値段が高い事。

地域や病院によって変動があるものの、安い所で1万5千円で、髙ければ3万や4万円みたいな所もあります。

国から補助金が下りて検査が安くなるのは症状が出てからですが、その時に薬を飲み始めた所で、すでに遅いという事が多々あります。

症状が出始めて24~48時間後にはウイルスが増え切ってる事もあり、「一日だけ様子を見ようか」と甘く見た結果、重症化して薬も効かないなんて事になりかねません。

これらの4つの事から断言しますが、

PCR検査をガンガンに行わない日本では、アビガンもレムデシビルもカレトラもほとんど役に立たない。

そこで、じゃあ副作用が少なくて、価格的に安くて、まだ比較的入手が簡単でって物が必要になります。

「そんな物あるわけねえだろ」って思ったでしょう?

確かに医薬品ではありませんが、食品であればどうでしょう?

食品というか、栄養機能食品、つまりサプリメントなら存在します。

では、前置きが長くなってしまいましたが結論に入ります。

メラトニンを飲もう

「こいつ何言ってんの?」って思ったでしょう。

まあまあ、気持ちは分かりますが引き返さないでください。

これから証拠付きで解説しますので。

【2020年4月、アレックス・シュナイダー、アレクサンドル・クドリャフツェフ、アンナ・ヴァクルシェワ】の論文によると、COVID-19で健康的な若者は軽微な被害だが、メラトニンレベルが低くなる高齢者や慢性炎症を持つ人は生命を脅かされるとある。

コウモリがコロナウイルスで死なない理由として、コウモリは人間よりも遥かにメラトニンレベルが高い事を指摘している。

喫煙者が重症化しやすい理由として肺の疾患もだが、ニコチンとメラトニンを代謝する酵素は同じで、メラトニンの働きをニコチンが阻害しているからだと考察できる。

そもそもメラトニンとは?

過去の記事で何度か紹介しているけど、こちらの記事から読み始めた人のために軽く説明。

メラトニンとは人間の体内で作られるホルモンの一種で、睡眠に深くかかわっています。

必須アミノ酸のトリプトファンを材料とし、松果体や腸や皮膚などで作られます。

生産のプロセスは特殊で、日中にたっぷりと光を浴びた人が、夜に暗い部屋で過ごしてやっと必要量がでるホルモンなので、現代人は不足しがちです。

夜間の蛍光灯や、電球、LEDライト、テレビやスマホの明かりでもメラトニンの分泌を阻害します。

ですので、生活習慣で改善できない場合はサプリメントでの補給が必要になるのです。

ちなみに京都大学の研究では、午前中に1000mgのトリプトファンをとった所、夜間のメラトニンレベルは上昇しなかったとありました。

メラトニンレベルを上げるには生活習慣を改善するか、メラトニンサプリメントで補給しかないのです。

メラトニンがプロテアーゼ阻害剤として機能する合理的な発見

【2020年7月30日、ブラジル、ピアウイ大学、サンタカタリーナ連邦大学】の研究論文によると、メラトニンがコロナウイルスに対してプロテアーゼ阻害剤の効果をもたらすと発見した。

これは中国が治療薬として公開したカレトラと同じ作用であり、しかしメラトニンはカレトラとは違い、人体で合成できる成分そのものなので、副作用の心配もない。

メラトニンには抗炎症作用や、抗菌作用、ミトコンドリアの機能改善などのがあり、糖尿や肥満の解消や、免疫機能を強化するメカニズムがある。

人の細胞には本来、アポトーシスという細胞の自然死がプログラムされているが、これが正常に行われない人は感染症リスクや癌のリスクが増え、過剰にアポトーシスが起こると基礎免疫疾患やパーキンソンやてんかんなどを患う。

つまり、悪い細胞はアポトーシスで死んでもらい、良い細胞は坑アポトーシスで守る必要があるのだが、このどちらの役割もメラトニンがやってくれるのだ。

なぜメラトニンなのか?

主な理由は3っつ。

1・副作用がなく日常的に飲める事。
2・入手が比較的簡単である事
3・価格が高くない

どの薬であっても、基本的にはウイルスが増え切る前に、つまり症状が出る前に飲むのが最適とされている。

ですが、日本ではPCRの検査数が少なく、自費で無症状の状態で受けようとしても高い。

3割の確率で陽性が陰性と出る場合もあるが、7割で正しくでるので、何度も検査したり、一人の検査では不確実でも家族全員で受けて、一人でも陽性が出たら、家族全員が濃厚接触者として、予防治療を行うなどの対策が出来る。

だが、一回検査を受けるのに3万やらかかっていては、家族全員や、何度も検査を受けるなどは、多くの人が経済的に不可能だろう。

だが、レムデシビルもアビガンもカレトラも毎日飲むことは不可能だが、メラトニンレベルを上げる事に務める事は毎日でも出来る。

くどい様だが、メラトニンのサプリメントは決して高い物ではないし、副作用もの心配もない。

毎日、睡眠の質を上げるために飲んでいたとして、結果としてウイルス感染症の重症化を防ぐという事は十分に考えれる。

さらに、サプリメントが手に入らなくても生活習慣の改善でメラトニンレベルは上げることも不可能ではない。

精神障がい者にはコロナの蔓延が起こりにくい?

【2020年8月18日のフランス、ストラスブール大学】の論文では、精神障害のある患者に対しての治療がコロナウイルスの蔓延を遅らせていたと報告された。

特定の向精神薬がCOVIDに対して保護効果があるのではという疑問が浮かんでいる。

使われていた薬剤は、クロルプロマジン、リチウム、クロミプラミン、ベンズトロピン、ハロペリドール、パロキセチン、メラトニン、シアメマジン、トロパテピン、ハロペリドール、アリメマジンなど。

基本的にはうつ病の治療と不眠の治療は一緒に行うものであり、メラトニンレベルが高ければ感染症リスクが下がると主張した他の研究者と矛盾しない。

では、本日のまとめの結論。

コロナは初期段階で対処する必要があるので、日常的に行えるメラトニンレベルを上げるのを意識する事が大事

もちろんこれは研究段階なので、今後覆る事は十分にありうるとだけは言っておく。

参考文献

Melatonin mitigates mitochondrial malfunction

Can melatonin reduce the severity of COVID-19 pandemic?

Psychoactive compounds as multifactorial protection factors against COVID-19

Coronavirus Disease 2019 (COVID-19) and Its Neuroinvasive Capacity: Is It Time for Melatonin?

COVID-19: Rational discovery of the therapeutic
potential of Melatonin as a SARS-CoV-2 main Protease
Inhibitor

Melatonin restores neutrophil functions and prevents apoptosis amid dysfunctional glutathione redox system

Can tryptophan supplement intake at breakfast enhance melatonin secretion at night?

信号が青だから誰とも会えない

どうも、三吉祐司です。

皆さんはいかがお過ごしだろうか?

この新型コロナの影響でひたすら家に引きこもり、大切な人にも会えず、日の光もさほど浴びず、心を病んではいないだろうか?

日本人はどうも同調圧力に弱い。

モラルだか民度だかが高いと勘違いしている方も多いが、ただ単に同調圧力に弱いだけだ。

その証拠に、信号機の色は青い。

僕にはどう見ても【赤、黄色、緑】にしか見えないのだが、それでも皆が【赤、黄色、青】と言うのだ。

皆が青と言えば青になる。

日本はそういう国なのだ。

行列で割込みが少ないのは、この同調圧力が良い方に作用した例である。

一方で、満員電車で弱者に席を譲る人は少ない。

誰も譲らぬから譲らない。

これが日本人なのだ。

結局何が言いたいのだ?という疑問が浮かんだだろう。

つまるところ、【コロナ騒動に関して、この同調圧力が悪い方に働いている】という事を主張したいのだ。

間違ったことでも皆で言えば正しい風になってしまう。

だが、間違ってる事は間違ってるのだ。

まず、【人と会う人は悪だ】みたいな風潮が流れている。

コロナウイルスで人が死ぬのがつらいのも分かるが、じゃあうつ病で死ぬのは良いのか?

どちらも同じ【死】だろう。

今は人と会うことが悪とされているので、誰にも会ってはもらえない。
一人暮らしの僕は、首を吊ったところで誰にも気づいてはもらえないだろう。

仮に自死でなくとも、肺炎になって酸素が足りなくなると意識を失うこともある。

そしてそのまま誰にも助けを求められずにそのまま病死する事もありうるのだ。

コロナ終息まで会わないと言ってる人は、「勝手に孤独死してください」と言ってる事と同じだ。

1年、あるいは2年、終息までにもっとかかるかもしれない。

僕はその期間誰とも会わずに生きていけるほど心が強くない。

それだけ長い期間会わないという人は、僕とは今生の別れになっても構わないという事なのだ。

「勝手に一人で死んでくれ」と思ってる人とどうして仲良くできようか。

実際にはそこまで考えてはいないのだろうが、それならそれで、あまりの馬鹿さに腹が立つ。

「外出を自粛しよう」というのが、コロナウイルスを抑え込むためというのは分かる。

しかし、それは国民がやる事だろうか?

いや、違う。

本当に人と人を会わせたくないのならば、それを違法にするしかないのだ。

経済活動を止める代わりに協力金を配るしかないのだ。

それは国が頑張る事なのだ。

個人が勝手に他人の行動を監視したり、強制したりして良いはずがない。

今も毎日企業が倒産している。

明日の家賃や光熱費に困っている人がいる。

自粛要請なんて言葉に騙された馬鹿共が企業や他人を監視し、同調圧力や違法な方法で妨害している。

その結果として首を切られた派遣社員やアルバイトは手首を切っているし、会社を潰さなきゃいけないと決断を迫られている経営者は天井に縄を吊るせる場所を探している。

こんな事になっているのは誰のせいか?

自粛しろとしか言わず、協力金を渡さない国のせいか。

何の保証もしない国の言いなりになっている国民のせいか。

おそらくはそのどちらもだろう。

闇金から金を借りる人が後を絶たない。

生活に困窮し、詐欺や空き巣などの犯罪も増え。

人のぬくもりも感じられなくなり心も病む。

八つ当たりしたくなる気持ちもあるのだろうが、だからと言って国民同士で首を絞めあってどうするのだ。

国が自粛しろとしか言わないなら、協力金を安定的に配るまで経済活動を続けるしかないのだ。

【信号は青だが、渡るのは危ないから自粛してください。】

渡ってほしくないなら国が信号機を赤に切り替えるべきなのだ。

今は信号が赤や黄色だけじゃなく青でも渡れない雰囲気だ。
だけど気づいた人は渡ってほしい。
信号は赤でも青でもなく、緑なのだ。

補足

生活に困っても闇金からお金を借りるのはやめよう。
国から無利子で一か月分のお金なら借りれる。
詳しくは緊急小口資金で検索してほしい。
それでも駄目なら生活保護を受けよう。
原則として、収入が一定以下なら働いていても要保護者となり受けれる。
生活保護法では、要保護者は緊急に生活保護を受けさせる義務がある。
窓口で「若いんだし働けるでしょ」なんて言われて追い返されるケースが後を絶たないが、職員は審査を受けるための書類を必ず渡す義務があるので、何と言われても紙をもらって提出しよう。
どうしても書類をくれない場合は、はっきりと違法だと伝えるなり、会話を録音して支援団体に持ってくなりしよう。
無事に受給出来たとして、職員に色々と指示をされると思うが、「指示を聞かなければ保護を打ち切る」などと脅迫されても焦る必要はない。
保護を打ち切られても翌日に再申請してまた受給する事が出来る。
【要保護者に対して緊急に支援しなければならない】という部分は何一つ変わっていないからだ。
落ち着いて相手の指示が正しいものか違法なのか判断しよう。

生活福祉資金貸付制度

認定NPO法人 自立生活サポートセンター・もやい

コロナウイルスからちゃんと保護するマスクを教えよう

どうも、三吉祐司です。

今日は新型コロナウイルスの予防に関しての情報を発信しようかと思います。

最近、日本では布マスクの配布が始まりましたね。

466億もかけてあの程度のマスクか・・・と正直私は思いました。

何故なら布のマスクは、ひまつを拡散させない効果はありますが、予防の効果は20%ぐらいと研究結果が出ています。

それならば、タオルを巻いた方がまだマシで、何故ならタオルは40%程度の予防効果がある事が分かっているからです。

ただ、タオルを巻いて40%を防いだところで感染するときゃ感染してしまう。

タオルや不織布のマスクより優れたマスクはないのか?という疑問に今日は答えていきます。

では結論から。

ナノファイバーのマスクで85~95%のコロナウイルスの侵入を防ぐ事が出来る。

あらかじめ言っておくが、マイクロファイバーではない。

ナノファイバーだ。

こんな事を言うと、「どうせよくあるデマだろ?」みたいな反論がきそうなので返しておこう。

これはちゃんと科学的なエビデンスのある情報だ。

2020年4月22日にオンライン上で発表された【香港工業大学のウォレス・ウォンフォン・リョン】の論文で発表されている。

この論文によると、静電気を帯電するナノフィルターを使う事によって空気中のコロナウイルスを95%吸着する事が分かっている。

論文内で紹介されている正確な数値を紹介すると、87.4%~96.5%の効率と書かれている。

この事から、マスクでは感染は防げないというWHOの主張がくつがえり、かなり効果的に感染を予防出来るマスクが作れるようになるのだ。

そこで、「いやいや、そんなマスクどこで買えばいいんだよ」みたいな声もあるだろう。

それに近いマスク、実はすでにあるのだ。

信州大学発のベンチャー企業【ナフィアス】が開発した【N95規格マスク】というマスクがあるのだが、これがナノファイバーを使っており、ウイルスの侵入を95%以上防ぐ事を目的に作られている。

通常のマスクであれば、比較的優秀とされる不織布のマスクであっても、マスクの穴が5マイクロメートルで、ウイルスが1~2マイクロメートル。

つまり、ウイルスよりマスクの穴が3~5倍くらい大きいので、ウイルスは通過してしまう。

しかし、このナノファイバーのマスクはウイルスのほとんどを遮断や吸着するようなのです。

帯電素材であるかどうかは謎だが、通常のマスクよりはマシなんじゃないだろうか?(この製品で絶対に防げるとは断言しない)

どこで買えばいいのか

実際にネット上でナフィアスのN95規格マスクを探してみたが見つからなかった。

正確に言うと、販売サイト自体は見つかったのだが現在は受注停止となっており、買えない状態になっている。

代わりと言ってはなんだが、他のN95規格マスクなら今も楽天市場で割と売っている。

それらの性能の保証までは出来ないが、現状買えるのはそれぐらいなもんだし、普通の不織布や布のマスクよりかはマシなのかもしれない。

ある程度金を持っていて少しでも感染を予防したいという人は買ってみてもいいのかもしれない。

税金の使い道を間違えた安倍政権

別に政権批判をしたいわけじゃないが、これは流石に言わせてほしい。

ガーゼのマスクなんてほとんど感染症予防にはならない。

まだタオルを巻いていた方がマシなのだ。

だったら466億もかけずにタオルを巻くように国民に呼びかけた方がよっぽどマシだったのだ。

そうすればかかる税金は0円で、466億を民間企業に投資する事も出来た。

信州大学や香港工業大学に技術提供を頼み、本当にコロナを予防出来るナノファイバーのマスクを作ればよかったのだ。

もちろん流通させるには時間はかかってしまう。

だが、長期的に見たら防げるマスクを作らなければ意味がない。

新型コロナウイルスは、ある程度世界中の人がほとんどかかり、集団免疫がつけば終息すると勘違いしている専門家もまだいる。

だが、新型コロナウイルスは少なくても二度は感染する事が分かっている。

何回感染すれば完全な免疫がつくのかわからない。

つまり、本当に収束させたいならワクチンと治療薬が絶対に必要になるのだ。

そして、現状ワクチンを作る工場は出来ているが、ワクチンが出来ていないのが現状だ。

ワクチンが開発されたとしても、治験のために1年半はかかり、そこから生産して全世界に流通させるには5~10年かかると言われている。

日本はワクチンを開発する競争には参加していないのだ、日本にワクチンが流通するのはもっと2年よりもっと遅いかもしれない。

治療薬に関しては、日本ではアビガンが効くとされているが、実はこれは余り良くない。

アビガンの副作用で、奇形児が産まれるという事が分かっている。

このアビガンは十分な治験(長期的な)が行われていないので、この奇形児が産まれるリスクが、一時的なものなのか、それとも5年続くか10年続くか一生続くか分からない。

日本は今、アビガンを増やしているが、もしアビガンの副作用が永久的なものだと仮定すると、国民にばら撒きまくると、下手をすれば日本は滅ぶ可能性もある。

成人まで生きられない奇形児ばかりが産まれる国になってしまったら、どうやって命を繋いでいくのだ?

仮に、そのリスクを事前に知っていて飲まなかった日本人がいたとしよう。

その場合でも、「日本人との子供を作れば奇形児が産まれる」と世界中に広まれば、国際結婚の相手すら見つからないだろう。

「大げさ過ぎない?」という声も聞こえてきそうだが、最悪の事態も想定しなければならない。

つまり、アビガン以外の治療薬が必要になる。

エイズ用の薬が治療薬になる?

エイズ用の薬にプロテアーゼ阻害薬というのがある。

これは、感染した細胞が分裂して増えるのを阻害する薬だ。

このプロテアーゼ阻害薬にカレトラ錠などがあるのだが、これは中国で実際に人を対象にした実験で重症化を防ぐ効果が一定以上認められた。

しかし、他の研究チームはRCT(ランダム化比較試験)によって再現性がなかったとして否定している。

私が実際に先月読んだ論文では、漢方薬と組み合わせて効果があったとされていたが、その漢方薬が何なのかは分からなかった。

アイルランド王立医学院は【ロピナビル/リトビル(プロテアーゼ阻害薬)・オセルタミビル(インフルエンザ治療薬タミフル)・リン酸クロロキン(抗マラリア・抗炎症)・レムデシビル(ウイルスRNAポリメラーゼ阻害剤)】の組み合わせでマウスに対し動物実験をし、コロナウイルスの重症化を防げるとした。

どうやら、プロテアーゼ阻害薬と何かしらの薬を複合する事で治療薬となる可能性がある。

プロテアーゼ阻害薬を含むCOVID-19に対する複合薬は、現在、東京大学医科学研究所やオックスフォード大学医学部など様々なところで研究が行われている。

それがいつ流通しだすかは分からないので、今は感染予防に力をいれるべきだろう。

一応、漢方のチャンチンで重症化を防げるという論文も見つけたが、再現性の研究は行われておらず、どこまで信じたらいいのか。

念のため、参考論文のとこにリンクを載せておこうと思う。

【在庫あり!】 KN95マスク 5層構造 40枚セット 立体マスク N95規格相当 高密度フィルター不織布マスク 大人サイズ ノーズワイヤー 「代金引換利用不可」 早い者勝ち! FED Online

マスク 20枚 KN95マスク 5層 米国N95同等マスク お届け目安10日〜15日

【注文日15-20日以内の到着予定】N95マスク FFP2 在庫あり 送料無料・沖縄除く 50枚入 n95マスク ホワイト 医療用マスク 使い捨て式 EN規格 国際規格 ヨーロッパ規格 国際認証 CE FDA認証 ウイルス対策 立体 kn95 KN95 大人用マスク コロナ フィルタ採用 感染予防K46C

参考論文

Therapeutic and prophylactic potential of anti-microbial peptides against coronaviruses

Multidrug treatment with nelfinavir and cepharanthine against COVID-19

Electrostatic Charged Nanofiber Filter for Filtering Airborne Novel Coronavirus (COVID-19) and Nano-aerosols

Toona sinensis Roem tender leaf extract inhibits SARS coronavirus replication