COVID-19の予防医療について考察

どうも、三吉祐司です。

今日は、新型コロナウイルスについて、色々と情報が出そろって来ましたので少し考察をしようと思います。

アメリカでは治療薬としてレムデシビルが、日本ではアビガンあたりが有効なのでは?と試されてきましたね。

これはRNAポリメラーゼ阻害剤という薬の一種で、人の遺伝子が二重螺旋のDNAなのに対し、エボラやコロナなどの遺伝情報は一本鎖になっています。

この一本鎖の遺伝子の事をRNAというのですが、例えばRNAのウイルスが体内に入ってしまうと活性化して、複製し、増えることが分かっています。

そして、RNAウイルスが活性化するのを防いで、ウイルスを増やさないようにしようというアプローチをするのが、このRNAポリメラーゼ阻害剤なのです。

一方で、中国が治療薬として実験をしていたカレトラは、また違った薬です。

これは元々、抗エイズ薬として使われていたもので、プロテアーゼ阻害剤というものになります。

ウイルスそのものが増えるのを防ぐのがRNAポリメラーゼ阻害剤なら、ウイルスに感染した細胞の分裂を防ぐのがプロテアーゼ阻害剤です。

さて、頭の良いうちの読者さんならもうお気づきでしょう。

どちらも治すのではなく、増やさないようにするだけ。

つまり増え切った状態では全く意味がなく、重症化してからでは遅いという事になります。

では、重症化する前に飲めばいいのですが、それには4つの問題点があります。

1つとして、副作用の問題。

レムデシビルもアビガンも劇薬とされ、妊婦に投与は適切でないとされています。

奇形児が産まれるリスクがあり、肝機能や、腎機能に障害が起こる可能性があります。

さらに、十分なデータがあるわけでないので、奇形児のリスクがいつまで続くのかが分かっていないのが現状です。

カレトラも有効とされていますが、カレトラの副作用が未知です。

現状すでに、肺炎、ヘルペス感染症などのリスクが上がるのでは?と言われています。

2つめに、入手のしにくさ。

これらの薬は日本で無症状の人が入手するのは非常に難しいです。

3つめとして、価格面

カレトラは一錠319円程度、レムデシビルは一人25万円、アビガンの価格は分かりませんでしたが安い物ではないでしょう。

4つめは、PCR検査の値段が高い事。

地域や病院によって変動があるものの、安い所で1万5千円で、髙ければ3万や4万円みたいな所もあります。

国から補助金が下りて検査が安くなるのは症状が出てからですが、その時に薬を飲み始めた所で、すでに遅いという事が多々あります。

症状が出始めて24~48時間後にはウイルスが増え切ってる事もあり、「一日だけ様子を見ようか」と甘く見た結果、重症化して薬も効かないなんて事になりかねません。

これらの4つの事から断言しますが、

PCR検査をガンガンに行わない日本では、アビガンもレムデシビルもカレトラもほとんど役に立たない。

そこで、じゃあ副作用が少なくて、価格的に安くて、まだ比較的入手が簡単でって物が必要になります。

「そんな物あるわけねえだろ」って思ったでしょう?

確かに医薬品ではありませんが、食品であればどうでしょう?

食品というか、栄養機能食品、つまりサプリメントなら存在します。

では、前置きが長くなってしまいましたが結論に入ります。

メラトニンを飲もう

「こいつ何言ってんの?」って思ったでしょう。

まあまあ、気持ちは分かりますが引き返さないでください。

これから証拠付きで解説しますので。

【2020年4月、アレックス・シュナイダー、アレクサンドル・クドリャフツェフ、アンナ・ヴァクルシェワ】の論文によると、COVID-19で健康的な若者は軽微な被害だが、メラトニンレベルが低くなる高齢者や慢性炎症を持つ人は生命を脅かされるとある。

コウモリがコロナウイルスで死なない理由として、コウモリは人間よりも遥かにメラトニンレベルが高い事を指摘している。

喫煙者が重症化しやすい理由として肺の疾患もだが、ニコチンとメラトニンを代謝する酵素は同じで、メラトニンの働きをニコチンが阻害しているからだと考察できる。

そもそもメラトニンとは?

過去の記事で何度か紹介しているけど、こちらの記事から読み始めた人のために軽く説明。

メラトニンとは人間の体内で作られるホルモンの一種で、睡眠に深くかかわっています。

必須アミノ酸のトリプトファンを材料とし、松果体や腸や皮膚などで作られます。

生産のプロセスは特殊で、日中にたっぷりと光を浴びた人が、夜に暗い部屋で過ごしてやっと必要量がでるホルモンなので、現代人は不足しがちです。

夜間の蛍光灯や、電球、LEDライト、テレビやスマホの明かりでもメラトニンの分泌を阻害します。

ですので、生活習慣で改善できない場合はサプリメントでの補給が必要になるのです。

ちなみに京都大学の研究では、午前中に1000mgのトリプトファンをとった所、夜間のメラトニンレベルは上昇しなかったとありました。

メラトニンレベルを上げるには生活習慣を改善するか、メラトニンサプリメントで補給しかないのです。

メラトニンがプロテアーゼ阻害剤として機能する合理的な発見

【2020年7月30日、ブラジル、ピアウイ大学、サンタカタリーナ連邦大学】の研究論文によると、メラトニンがコロナウイルスに対してプロテアーゼ阻害剤の効果をもたらすと発見した。

これは中国が治療薬として公開したカレトラと同じ作用であり、しかしメラトニンはカレトラとは違い、人体で合成できる成分そのものなので、副作用の心配もない。

メラトニンには抗炎症作用や、抗菌作用、ミトコンドリアの機能改善などのがあり、糖尿や肥満の解消や、免疫機能を強化するメカニズムがある。

人の細胞には本来、アポトーシスという細胞の自然死がプログラムされているが、これが正常に行われない人は感染症リスクや癌のリスクが増え、過剰にアポトーシスが起こると基礎免疫疾患やパーキンソンやてんかんなどを患う。

つまり、悪い細胞はアポトーシスで死んでもらい、良い細胞は坑アポトーシスで守る必要があるのだが、このどちらの役割もメラトニンがやってくれるのだ。

なぜメラトニンなのか?

主な理由は3っつ。

1・副作用がなく日常的に飲める事。
2・入手が比較的簡単である事
3・価格が高くない

どの薬であっても、基本的にはウイルスが増え切る前に、つまり症状が出る前に飲むのが最適とされている。

ですが、日本ではPCRの検査数が少なく、自費で無症状の状態で受けようとしても高い。

3割の確率で陽性が陰性と出る場合もあるが、7割で正しくでるので、何度も検査したり、一人の検査では不確実でも家族全員で受けて、一人でも陽性が出たら、家族全員が濃厚接触者として、予防治療を行うなどの対策が出来る。

だが、一回検査を受けるのに3万やらかかっていては、家族全員や、何度も検査を受けるなどは、多くの人が経済的に不可能だろう。

だが、レムデシビルもアビガンもカレトラも毎日飲むことは不可能だが、メラトニンレベルを上げる事に務める事は毎日でも出来る。

くどい様だが、メラトニンのサプリメントは決して高い物ではないし、副作用もの心配もない。

毎日、睡眠の質を上げるために飲んでいたとして、結果としてウイルス感染症の重症化を防ぐという事は十分に考えれる。

さらに、サプリメントが手に入らなくても生活習慣の改善でメラトニンレベルは上げることも不可能ではない。

精神障がい者にはコロナの蔓延が起こりにくい?

【2020年8月18日のフランス、ストラスブール大学】の論文では、精神障害のある患者に対しての治療がコロナウイルスの蔓延を遅らせていたと報告された。

特定の向精神薬がCOVIDに対して保護効果があるのではという疑問が浮かんでいる。

使われていた薬剤は、クロルプロマジン、リチウム、クロミプラミン、ベンズトロピン、ハロペリドール、パロキセチン、メラトニン、シアメマジン、トロパテピン、ハロペリドール、アリメマジンなど。

基本的にはうつ病の治療と不眠の治療は一緒に行うものであり、メラトニンレベルが高ければ感染症リスクが下がると主張した他の研究者と矛盾しない。

では、本日のまとめの結論。

コロナは初期段階で対処する必要があるので、日常的に行えるメラトニンレベルを上げるのを意識する事が大事

もちろんこれは研究段階なので、今後覆る事は十分にありうるとだけは言っておく。

参考文献

Melatonin mitigates mitochondrial malfunction

Can melatonin reduce the severity of COVID-19 pandemic?

Psychoactive compounds as multifactorial protection factors against COVID-19

Coronavirus Disease 2019 (COVID-19) and Its Neuroinvasive Capacity: Is It Time for Melatonin?

COVID-19: Rational discovery of the therapeutic
potential of Melatonin as a SARS-CoV-2 main Protease
Inhibitor

Melatonin restores neutrophil functions and prevents apoptosis amid dysfunctional glutathione redox system

Can tryptophan supplement intake at breakfast enhance melatonin secretion at night?

メタボリックを治療するサプリの解説!

どうも、三吉祐司です。

今日はメタボリックシンドローム、つまりは肥満の治療についての情報を発信しようと思います。

基本的には痩せたきゃ運動と食事療法が基本になるんですが、人によってはやり方を間違えてしまい、食べなさ過ぎて栄養失調で太る事もあります。

過度なダイエットをする事で基礎代謝が下がり、痩せたいのに、食べてないのに痩せれないと苦しんでる方もいます。

例えば体調を崩して運動そのものが難しくなったら痩せるわけもないし、食べなさすぎると、脳が栄養が足りないと判断し、内臓の動きを少なくしようとして省エネモードになってしまいます。

食べる時はしっかり食べて、脳には栄養が足りないと思わせないようにしなければいけないです。

そもそも消化器官がフル稼働すれば、胃や腸だけでフルマラソンと同程度のカロリーを消費するのですから。

それはともかく、今日はサプリメントの話です。

痩せるサプリメントと聞いたら怪しく感じますよね?

はい、僕も怪しく感じます。

実際に様々な広告で、これを飲んだら痩せるとかって見ても、バカバカしいと思うタイプです。

ですが、科学的に正しい痩せるサプリメントを証拠付きで今日は解説しようと思います。

では結論から。

メラトニンのサプリメントでメタボリックシンドロームや二型糖尿病の治療に効果がある。

では解説していきましょう。

2014年の無作為化比較試験によると、メタボリックシンドロームの人を39名集め、8mgのメラトニンを飲ませたグループと、痩せるサプリメントとだけ伝えて別の物を飲ませたグループに分かれ、10週間の治験を行った。

その結果、メラトニンを飲んだグループは平均でウエストが-1cm細くなり、そうでないグループは逆に1cm太くなった。

【アビナフ・ゴヤル(エモリー大学委託部循環器内科)、ポールDテリー(テネシー大学外科、公衆衛生部門)、ヒラリー・スパーク(エモリーロリンズ公衆衛生学校生物統計学、バイオインフォマティクス学科)、クリスティン・L・ネル(心臓病予防の専門家)、リタム・チョードリー(エモリーロリンズ公衆衛生学校疫学部)、ローレンス・S・フィリップス(エモリー大学医学部内分泌学科)、マイケル・H・クトナー(エモリーロリンズ公衆衛生学校生物統計学、バイオインフォマティクス学科)】

そこでこんな声が聞こえてきそうなので答えておく。

「たったの-1cmかよ」

そうです。

-1cmですが、ようは食事指導を行った訳ではなく減ったという事が重要なのです。

決して魔法の薬ではありませんし、誇大広告するつもりはありません。

しかし、長年太り続ける食生活を続けた人たちが、食の指導なしにサプリメントで痩せた事実は無視できません。

ダイエット効果は補助的でありながらも、確かに効果は出るのです。

本来の用途としてのメラトニン

近年では、メタボリックシンドロームや糖尿病の治療効果もあると言われていますが、本来のメラトニンとは松果体(しょうかたい)で作られる睡眠のためのホルモン物質です。

つまり、睡眠の改善の為にこそ使われるべきサプリメントなのです。

2001年の、【時差ボケの予防と治療のためのメラトニン】という論文でも、航空旅客、航空スタッフ、軍人を対象にプラセボと比較して実験を行い、メラトニンを0.5mg~5mgの投与で、幸福感、日中の疲労感、睡眠の開始と質、心理的機能、体内時計の修正などが改善する事が分かった。

その際に、5mgの方が眠りが早くなり、5mg以上の投与は意味がないという事が分かった。

メラトニンで老化予防

1996年の【老化のためのメラトニンの補足】という論文によると、若い松果体が古い動物に移植された場合、老化が遅延し、寿命が延長したとあります。

つまり、若くあろうと思ったときに、松果体が正常に機能している事が重要なのですが、メラトニンは松果体で作られ、抗酸化作用や、抗炎症作用、さらにミトコンドリア機能を改善することで松果体を正常にします。

さらにアポトーシス(プログラムされた細胞死)が正常になり、ウイルスに感染した細胞や、癌細胞をやっつけ、健康な細胞がアポトーシスするのを防ぎます。

トリプトファンではだめ?

必須アミノ酸であるトリプトファンは、セロトニンとメラトニンの材料になります。

では、メラトニンのサプリメントではなく、トリプトファンのサプリメントを飲んでみてはどうか?

そういった実験が実際に2017年に京都大学で行われています。

結論としては、朝食で1000mgのトリプトファンを摂取しても、夜間のメラトニン分泌には影響しないという結果がでました。

それよりも、ちゃんと日中に明るい光を浴びる事と、夜間は暗い部屋で過ごす事の方が分泌量が増えるという結果になりました。

メラトニンの過剰摂取の症例

米国の66歳の男性が、24mgのメラトニンを服用して睡眠をしたところ、無気力になり、方向感覚をうしなったと報告がありました。

彼は日常的にベンゾジアゼピン系の鎮静剤も使用しており、その相互作用と過剰摂取により症状が現れた可能性があります。

その他の急性中毒の症例は報告されていませんので、5mgぐらいまでを適正として使用していれば問題はありません。

メラトニンの効果を高める

「メラトニンは睡眠の為に飲むのだから、カフェインは控えなければならない。」という風に、少し前の僕は考えていました。

ところがお医者さんのご指摘がありまして調べてみたところ、メラトニンとカフェインは相互作用がある事が分かりました。

2020年のトルコの論文では、カフェインとメラトニンの相互作用により、抗酸化物質を強め、脳組織への酸化ストレスを減らすとあります。

さらに、1999年の韓国の論文では、メラトニンとタウリンの相互効果により、脂肪過酸化を50%も減少させることが分かりました。

高血糖に関連する糖尿病は酸化ストレスによるところもあり、メラトニン治療の補助としてのタウリンやカフェインを再評価しました。

ではそろそろ本日のまとめの結論に入りたいと思います。

最大5mgのメラトニンで糖尿病や老化や睡眠障害の治療になり、運動や食事療法と組み合わせることで効果的に肥満解消ができる。

サプリンクスで買う

サプーで買う

参考文献

Melatonin supplementation to treat the metabolic syndrome: a randomized controlled trial

Melatonin and taurine reduce early glomerulopathy in diabetic rats

Melatonin Supplements for Aging

Can tryptophan supplement intake at breakfast enhance melatonin secretion at night?

Problems in assessment of acute melatonin overdose

Melatonin for the prevention and treatment of jet lag

Melatonin mitigates mitochondrial malfunction

Biochemical Effects of Caffeine and Melatonin on RAT
Embryo Brain

現代人は飲もう!実はメラトニンは凄い!

どうも、三吉祐司です。

今日はメラトニンというホルモンの話をしようと思います。

そもそもメラトニンとは何ぞや?と思われるでしょう。

メラトニンとは1950年に発見された松果体(しょうかたい、脳の部位)や皮膚や腸などで作られるホルモンの一種です。

人間は元々メラトニンを精製するシステムがあるのですが、その為には日中にしっかり日光を浴びて、夜は暗い部屋で過ごさなきゃいけません。

夜に暗い部屋で過ごして、やっとメラトニンがドバドバと出て、深い眠りにつけるのです。

蛍光灯や電球やLEDライトでも影響を受けるので、明かりをつけるわけに行かないし、夜にスマホをいじるなんてもっての外です。

そこでこんな反論がくると思います。

「いやいや、そんなの無理に決まってんじゃん」

その通り、実際に僕も無理です。

ではどうすれば良いのかを結論からお話します。

もうサプリメントで飲んでしまえ!

サプリメントで飲んだメラトニンの効果でも、睡眠導入がスムーズになり、深い眠りにつける事が分かっています。

病院で処方されるベンゾジアゼピン系睡眠薬だと成長ホルモンがそんなに出ないので疲れがとれないですが、メラトニンならぐっすり寝れて疲れもしっかり取れます。

さらに、睡眠の質が上がることで判断や思考が正常になり、体脂肪率が減って筋肉量が増えるなどの効果もあります。

そんなメラトニンですが、ただ寝れるサプリメントだと侮る事なかれ。

その他の効果を今から解説します。

メラトニンの凄い効果

・強力な抗酸化作用
・ミトコンドリアの保護と機能改善
・強力な抗菌作用

では解説していきます。

・強力な抗酸化作用とミトコンドリア機能改善

この二つは密接に関わっているので一緒に説明します。

メラトニンがあらゆる酸化ストレスから守る事が様々な論文に書かれています。

【2005年、テキサス大学、Melatonin mitigates mitochondrial malfunction】の論文によると、メラトニンがミトコンドリアの機能を改善すると書かれています。

それにより、パーキンソン病、アルツハイマー病、てんかん、加齢、敗血症を防ぐとされています。

これはアポトーシスという、人間本来に備わっている細胞の自然死が関わっています。

アポトーシスが正常におこらないと、癌、自己免疫疾患、ウイルス感染の拡大を引き起こし、一方で過剰になるとパーキンソン病、てんかん、のような神経変性障害や、虚血性疾患(動脈硬化や心筋梗塞など)、さらにはAIDS(エイズに似た性質の免疫疾患)を引き起こし、あるいは増強します。

人は誰でも毎日何千という癌細胞を作り出しているし、毎日細菌やウイルスが体に侵入するので、悪さをするようになった細胞組織はプログラムで自然死させなければなりません。

そんな時にメラトニンが活躍するのです。

その観点から見て、メラトニンが癌の治療薬としても注目されています。

【実験生物学のインドジャーナル、2002年、ページ668~679】で紹介された論文でも同様の事が書かれています。

さらにメラトニンを薬として使用することで、時差ボケ、睡眠障害、交代勤務障害、季節性情動障害(冬季うつなど)に効果があるとされます。

食事から摂取する方法も書かれており、ビタミンCはメラトニンの障害を治療するために使用できるのでフルーツをよく食べる事と、ピーナッツ、大豆、ヒマワリの種、アーモンド、ブドウなどは高濃度でメラトニンが含まれているとの事です。

何かの参考になればと思います。

ただ、実際に僕も試しましたが食事だけでは頑固な不眠症が改善しなかったので今はメラトニンのサプリを使用しています。

・強力な抗菌作用

先ほどにも少し述べた通り、ウイルス感染に対して十分な効果が期待できます。

というのも、様々な感染症への治療方法として、カスパーゼ阻害薬(アポトーシスを意図的にさせる薬)や、エイズウイルスに対してはプロテアーゼ阻害薬(感染した細胞が分裂するのを防ぐ薬)などを利用し、体からウイルスを排除したり、そもそも増やさないというアプローチをしたりするのだけど、面白いことにメラトニンにはアポトーシス促進効果と同時に、正常な細胞に対しての坑アポトーシス作用もある。

本当にそんなに効果があるのか。

これだけ話すと効果が凄すぎて疑問の声が上がると思う。

「本当にそんな効果あんの?過剰に言ってない」みたいな。

実はその議論は昔もあり、1995年にマサチューセッツ総合病院と、ハーバード医科大学が【メラトニンの狂気】という論文を発表している。

そこでは、メディアがメラトニンを過剰に取り上げすぎてるのではないのか?本当に治療効果はあるのか?という疑問から始まり、実際に調査してまとめている。

そこではメラトニンの投与でマウスの寿命が延びた事や、エイズやアルツハイマーなどの治療にも役に立つと断言されています。

どうしてそんなに効果があるのか。

やはり太古の祖先から現代人までずっと、病と闘うために使われた重要なホルモンだからなのではないだろうか?

あのウイルスの治療に使えないの?

実は、メラトニンをCOVID-19の治療に使えないのか?というのは、まだデータは少ないが臨床試験も行われている。

つい最近(2020年8月8日)の論文では「COVID-19の治療法は無く」と、されながらも、スペインの医薬品医療機器庁(AEMPS)によって、早期発症者に静脈注射にてメラトニンの注射製剤をしたところ、有効ではないかとされた。

しかしまだデータが少ないので断言はされていない。

とりあえず、今日のまとめの結論に入りたいと思う。

深い眠りも健康的な生活もメラトニンが重要

ちなみに【メラトニン サプリ】と検索したら色々出てくるが、国内メーカーが売ってるものではなく、海外からの輸入品を買わないと違う成分の物が届いたりするので注意。

サプリンクスで買う

サプーで買う

参考文献

Melatonin mitigates mitochondrial malfunction

Melatonin Madness

Clinical trial to test the efficacy of melatonin in COVID‐19

Melatonin oxidative stress and neurodegenerative diseases