【頭の良くなるハーブ】レモンバームの効能が凄すぎる

Pocket

どうも、三吉祐司です。

今日はレモンバームというハーブについて、その効果効能などを海外の論文を元に説明していきたいと思います。

では、レモンバームがどの様な薬としての効果を持っているのか結論から。

レモンバームは鎮静剤であり、GABA-T阻害薬である。

ちょっと待って!専門用語でてメンドクサイと思っても引き返さないで!ちゃんと説明するから!

まず、GABAは脳内神経伝達物質の一種で、要は頭の中の郵便配達員さん。

この郵便配達員さん(GABA)が不足すると、物を書いたり、喋ったり、思い出したりする時に必要な情報が出てこない。

「計算するのに計算式を思い出せない!」とか、「書類を書くのに漢字を思い出せない!」という状態は、この郵便配達員さん(GABA)が不足している可能性もあるんです。

そして、そのGABAが減る原因の一つがGABA-T(GABAトランスアミナーゼ)です。

GABA-Tを取り合えず殺し屋さんと呼んでおきます。

GABA-T(殺し屋さん)が活性化(やる気をだす)と、GABA(郵便配達員さん)がどんどん分解されていきます。

「何で殺し屋が郵便配達員を殺すねん」ってツッコミは置いといて。

つまり、GABA-T(殺し屋)の活動を阻害すると、GABA(郵便配達員)の生存率が上がって、計算能力や記憶力が向上したり、頭の回転が速くなったりするんです。

レモンバームは、このGABA-Tを阻害する効果があるんですね!

では、レモンバームに他にどんな効能があるのかを説明していきます。

レモンバームの効果効能

1・睡眠障害の改善

2・落ち着きのなさの改善

3・アンチエイジングと風邪予防

4・ストレスや不安の低減

5・ワーキングメモリー、及びマルチタスクへのポジティブな影響

6・認知機能が向上。頭が良くなる

さて、解説していきましょう。

1・2・睡眠障害の改善、落ち着きのなさの改善

【Phytomedicine(フィトメディシン)2006/6/12】で紹介された論文によると、バレリアンとレモンバームを組み合わせる事で、子供の落ち着きのなさと、不眠症の治療に効果があるとされています。

実験では、12歳未満の落ち着きのなさ、睡眠障害を抱える918人に対し、レモンバームとバレリアンを組み合わせたエキスを摂取させた。

その結果、なんと、80.9%の子供の睡眠障害が改善し、70.4%の子供が落ち着きを取り戻したというのでその効果に驚きである。

また、ドイツで行われた同研究でも、ストレスかにおける若者の気分や、認知能力、注意力が改善しADHDを改善する一定の効果と、老人の認知症と不眠症の改善がレモンバームのアロマテラピーでも認められた。

そして、900人の小学生を対象にした実験では、学校でも家庭でも子供の問題行動が減ったという結果が出た。

3・アンチエイジングと風邪予防

【Medicinal Plants of South Asia2020 ページ465~478】によると、レモンバームはシソ科に属するハーブで、ビタミンCとビタミンBを含むとされています。

ビタミンCで風邪予防になるという根拠は以下の通りで。

リチャード・ナハスとアグネタバラが、メタ分析を集めて発表した論文では、なんと30件のメタ分析で風邪予防の証拠が見つかったとあります。

また、ビタミンBによって、糖質や脂質の代謝が正常になり、肥満のリスクが下がります。

レモンバームに含まれているロスマリン酸は優れた抗酸化作用をもたらすので、老化を防ぎアンチエイジングに効果があります。

コーヒー酸には癌細胞のたんぱく質の合成をブロックする作用があるので、抗がん作用もあるのではと発表されました。

オックスフォード大学の研究でも、レモンバームが脂質の代謝や合成を調節し、さらに炎症を抑制するとしてダイエット効果が認められました。

4・5・6・ストレスや不安の低減 ワーキングメモリー、及びマルチタスクへのポジティブな影響、認知機能の向上。頭がよくなる

【2003年、ノーサンブリア大学の心理学研究】では、鎮痛、抗菌、神経障害、胃がん、腸の障害、睡眠障害に対しての研究が行われました。

その結果、気分が穏やかになり、【冷静な自分という自己評価】が増加しました。

その上、ワーキングメモリー(マルチタスクをしている時に使われる脳の領域)が改善されて、記憶力や数学能力が大幅に改善されたとされています。

この研究では、レモンバームでストレスが緩和されるだけでなく、ストレスに強くなると結論付けました。

【2001年のDOケネディ(イギリス)】の論文でも同様の結果が出ているので信憑性はあるのではないでしょうか。

【2009年、オワタ大学(カナダ)】の植物療法研究の論文では、レモンバームがGABA-T阻害薬と同様の効果があるとして、その結果ストレスに強くなり、頭が良くなると結論付けられました。

つまり、

レモンバームで、心は穏やかになって、眠りにつきやすくなる。更には頭も良くなる。

生活を豊かにしたい人は利用してみていいかもしれませんね。

特に、てんかん発作のような症状のある人は、GABA-Tが活性化してる可能性が強いのでおすすめです。

ただし、過剰摂取は肝臓に負担のかかる毒だとされているのでエッセンシャルオイルを飲むなどはしないでくださいね。

【頭の良くなるハーブ】レモンバームの効能が凄すぎる” への1件のフィードバック

コメントは受け付けていません。