【危険】美容目的でハイドロキノンは今すぐ禁止にすべき!

Pocket

どうも、三吉祐司です。

今日は美容関連の記事を投稿していこうと思う。

何やら美白やシミ消し目的でハイドロキノンを使いましょうという記事を読んだ。

疑り深い僕は鵜呑みにせずに今年の科学論文を検索し読み漁った。

そしてでた結論が、

ハイドロキノンは発がん性が高いから使ってはならない!

こんな事を言うとこんな反論が来そうなので答えておこう。

「いやいや、私はこれでシミが消えました」

効果がないとは言わない。癌になると言ってるんだ。

「私はハイドロキノン塗ったら乳首が黒からピンクに変わったから手放せない」

メラニンの発生を抑えるのでそりゃ色は黒くなくなるでしょうよ。でも、乳首をピンクにするために乳がんになったらどうする?その乳を切り取らなきゃならなくなりますよ?本当にそれでいいのですか?

「ハイドロキノンは世界で認められている」

世界とはどこの事でしょうか?

少なくとも北アフリカのスーダン大学科学研究所、ゲジラ大学の論文では明確に美容目的のハイドロキノンの美白クリームは政府、FDA、WHOなどが規制を課す必要があり、推奨レベル外の物は禁止する必要があると明確に提言されています。

ヨーロッパではすでに禁止の国もあり、2019年現在の英字による論文を調べた限り、ハイドロキノンの危険性について書かれた論文ばかりが出てきます。

白人だけが美しいわけじゃない

そもそも、これだけ副作用が分かっている薬品が出回ったのは白人への憧れや人種差別があります。

アフリカ系アメリカ人が少しでも肌を白くしようと使ったり、白人に憧れるアジア人が不自然に肌を白くしようとして広まりました。

しかし、本当に肌が白くなければいけないのでしょうか?

ハイドロキノンクリームがなかった時代でも先祖たちは子孫を残しました。

シミやシワが出来ても、元気で笑顔でいればそれだけ女性は輝くのです。

これはアフリカ人のカップルの写真です。
インドの子供たち

アフリカ人のカップルとインド人の子供たちの写真を見てもらいました。

確かに肌は白くありません。

しかし、少なくとも僕は素敵だと思いました。

生まれつきの肌の色は優劣などなく、ただの【個性】でしかないのです。

そして、幸せに笑えたらそれが最も素敵で美しいのです。

それでも、美白にこだわるのであればレチノールとビタミンCくらいにしておいた方がいい。

2019年のデリー大学(インド)の論文によると、化粧品のほとんどは角質層を通過するには大きすぎるが、ビタミンCとレチノールに関しては肌に浸透すると書かれていて、これはアメリカ皮膚科学会の発表している事とも一致している。

これらは不自然にメラニン色素の発生を止めたりなどはしないが、ターンオーバーを促すので本来の肌の色が蘇る。

必要以上に白いという事はリスクでしかないという事を知っておかねばならない。

こんだけヤバいハイドロキノン

スーダン大学科学研究所と、ゲジラ大学の2018年の研究論文によると、白人による差別意識から、肌の色を白くしようとするアフリカ人がおり、健康を害しているとしている。

ハイドロキノンのクリームには水銀やステロイドなども含まれている場合が少なくなく、いくつものリスクがる。

水銀は、日本では水俣病や水銀中毒などで有名なので説明を省いておくが、知らない方は是非調べてみてほしい。

時限爆弾と表現されたハイドロキノン

・ハイドロキノンのフェノール化合物が酸化する事で組織を褐変を引き起こす可能性がある。

・ハイドロキノン製品は、ベンゼン代謝物をほとんどとして発がん性物質になる可能性がある。

・気道刺激やアレルギー性皮膚炎を引き起こす可能性があり、飲み込むと有害で、メトヘモグロビン血症によってチアノーゼや、目に入った場合、永久的な眼の損傷を引き起こす。

・骨髄に損傷を与える。ハイドロキノンが肝臓にたどり着き代謝されると、p-ベンゾキノンやグルタチオンハイドロキノンの抱合体になり、骨髄に到達すると、骨髄ではミエロペルオキシダーゼ活性が高いため、p-ベンゾキノンに酸化され、骨髄に損傷を与える。

・DNA(遺伝情報)に損傷を与える。ハイドロキノンと代謝物のp-ベンゾキノンによるがん作用で、DNAの酸化が誘導され、一本鎖DNAの切断、DNA/RNA合成を阻害していた。

・永久的な皮膚の変色。ハイドロキノンの長期使用によって皮膚の保護外層が破壊され、皮膚が変色する。さらに日光にされられた領域は茶色の色素が沈着として皮膚に現れる。

結論として、

ハイドロキノンには健康上のリスクが多いから使うな!

藁にもすがりたい気持ちは分かる。

でも藁にすがっても毒にはすがるな。

もしも、僕の大切な人がシミ一つで悩んで何も知らずに使っていたら。

そんな事を考えると、とても恐ろしかった。

シミが出来ても良い。シワが出ても良い。でも癌にはならないで欲しい。

僕もそうだが、君たちの大切な人もきっとそう思うはずだ。

【危険】美容目的でハイドロキノンは今すぐ禁止にすべき!” への1件のフィードバック

コメントは受け付けていません。