窃盗癖(クレプトマニア)の実証された更生プログラム【治療法】

Pocket

どうも、こんばんは、三吉祐司です。

今日は社会問題とも言える窃盗の情報を発信していきます。

窃盗癖(クレプトマニア)というのは、日本だけでなく世界中であり、その経済損失も多大です。

そして、窃盗は再犯率の高さもあって問題になっています。

窃盗癖のある人は、一度逮捕されてもやめられないので、何度も刑務所に入り、刑務所内でも窃盗を繰り返したりします。

そんな状態なので、もし家族が窃盗癖だったら気が気じゃないですね。

では、クレプトマニアの治療法について効果の出ているやり方を紹介します。

更生にはマインドフルネスが有効

マインドフルネスとは何か?

瞑想、またはヨガで行われる呼吸や集中するテクニック。

こんな反論きそうですね。

「そんなスピリチュアルな方法で治るわけねえだろ」

いえ、マインドフルネスは今やスピリチュアルではなく、世界中の学者が研究しているれっきとした心理学なのです。

Googleや、その他大手企業でも取り入れているところがあるとか。

さて、2019年の論文から治療方法をご紹介しましょう。

テキサス大学オースティン校のミランダ・メイ・ナドー博士によると、クレプトマニアの原因は前頭葉の機能障害や、習慣性依存(中毒)・うつ病・貧困などが挙げられた。

そのうち、貧困から窃盗をしていたのは僅か7%で、ほとんどがストレスの発散や、快感を得るための依存症的にやっている事が分かった。

習慣依存でしている人は、リスクに対して快感ホルモンのドーパミンが大量に出る、【ギャンブル依存症】と共通している部分が多く。

また、クレプトマニアは、過食症や摂食障害も患っている場合が多かった。

つまり、前頭葉が機能しないという観点で言えば脳の病気と言えるし、マインドフルネスで改善されるという意味では心の病気とも言える。

そう、貧困以外の原因の場合に限り、つまり93%の窃盗癖の人にはマインドフルネスが治療法として有効だったのだ。

マインドフルネスを行う事によってストレスに強くなり、適切な指導を行う事で「むしゃくしゃしたから盗むんじゃないよね」「ムカついたから殴るんじゃないよね」「腹が減ったから食べるんじゃないよね」といった感じで、感情と行動を切り離せるようになってくる。

この感情と行動を切り離せるという事が大事で、これが出来ると犯罪を犯す事はなくなるし、人間関係はうまくいきやすい、さらには肥満になりにくくなる。

では、実際にマインドフルネスを始めたい時どうすればいいのかを説明しよう。

瞑想をするか、ヨガを習う。

僕は、毎朝たったの5分だけ瞑想をするようにしている。

キッチンタイマーを5分でセットし、座禅を組んで、背筋を伸ばして始める。

腹式呼吸でゆっくりと息を吐き、全部吐き終わったら息をゆっくり吸う。

この時に、呼吸した数を数えることに集中する。

時々雑念が浮かんでくるが、それに気づく事が大事で、浮かんできたら、「ああ、俺は今考えてる」と気づいて、また呼吸と数を数えるのに全意識を集中させる。

これが僕がやっているマインドフルネス瞑想だ。

もっと長時間やればそれだけ効果も出やすいが、僕は5分だけだ。

というのもジッとしているのはやはり暇だし、普通の瞑想で、あんまり長時間だと続かない。

そこで、もっと効果を出したい人にオススメなのがヨガだ。

ヨガとは元々インドでマインドフルネス瞑想として始まった。

人がこの地上に誕生した理由を求めるために、ひたすら座って考えていたのだ。

だけど、ずっと座っていては人は飽きてしまう。

飽きずに動きながらマインドフルネスを行う手段として発展していったのがヨガだったのだ。

では、ヨガを始めましょうと言っても中々難しいとは思う。

youtubeで検索してやるのもいいが、やはり指導を受けた方がいい。

そこで僕がオススメするのはヨガを習いに行く事だ。

初級としてマインドフルネス瞑想も教えているところもあるし、中級者や上級者に向けた難しいヨガの指導を受けれたら良い運動になる。

さらには運動効果の影響も加わり、よりメンタルは改善するしダイエット効果もある。

スタッフが悩みを聞いてくれる場合もあるので、精神的な支えにしている人もいるのだ。

とりあえず初回体験もあるので、雰囲気だけでも確かめに行ってみるのがいい。

マインドフルネスを行う事で、ストレスに強くなって、集中力がアップして、タバコや酒などにも溺れにくくなって、肥満になりにくくなって、さらには犯罪を犯しにくくなるのですから。

結論として、マインドフルネスは絶対やった方がいい。

窃盗癖で損をする人たち

小売店などが、ネット通販よりも値段を高く設定しなければならないのは、人件費や土地代もありますが、万引きが多いので商品の値段を上げなければ利益が出ないというのです。

つまり、一部の人が得をする事で、その他の人がみんな損してるという事なんですね。

勿論Amazonなどで商品を買えば、万引きの心配も人件費もないので商品価格は安く設定されています。

ですが、実際に欲しい物があった時、本当であればすぐ欲しいし、実際に商品を見て買いたいという需要もあります。

Amazonの荒らしレビューや不正が増えてきてますから尚更です。

つまり、小売店も損をし、消費者も損をし、クレプトマニアも窃盗で捕まり損をしています。

店舗を構えない通販サイトが利益を上げる理由はそこにあるのかもしれませんね。