サイコパスが幸せな理由。危険なサイコパスと有能なサイコパス

Pocket

どうも、こんばんは、三吉祐司です。

今日はサイコパスについての記事を書いていきます。

皆さんはサイコパスと聞いてどういった人物を連想しますか?

恐らくはハンニバルのレクターのような残忍な人物を想像する方が多いんじゃないかと思います。

しかし、あのような危険なサイコパスというのはごく稀で、サイコパスは皆さんの日常の中であらゆる場所に存在します。


サイコパスに関わらないで生活することは恐らく困難ではないかと思います。

では、その生態を分析していきましょう。

ちなみにサイコパスになる事で鬱を完治させる事も可能です。その事については後半書きますので気になった方は最後まで読んでみてください。

まず、サイコパスとは何かと言いますと、行動や精神的特徴について書かれている文献は非常に多いですが、そもそもそれが間違っている。

結論から言うと

サイコパス=脳障害か遺伝

産まれつきに不安、恐怖、共感能力、罪悪感などを感じる脳の部位が小さい人や、何らかの障害で正常に働かない人がサイコパスとなるのです。

具体的に言えばそれは前頭葉のあたりで、その部分の脳の活動が鈍いとサイコパスらしい行動をとるようになります。

サイコパスが多い職業としては、企業の社長や弁護士や外科医や公務員が挙げられます。

不安や恐怖を感じないないので簡単に起業出来て、リスクのある選択を取れる事で大成功を収めた人物が社長になれます。

彼らのように、犯罪を犯さず社会的に成功するサイコパスを【ホワイトカラーサイコパス】といいます。

そして彼ら共感力や罪悪感をほとんど感じないので理不尽であろうとも容赦なく社員を解雇出来ます。

弁護士はお金のために犯罪者の弁護もしなければなりませんし、外科医は「切ったら痛いだろうな」などと共感してては手術できませんよね。

ではそこらへんに沢山いるホワイトカラーサイコパスが何故犯罪をせずに生活しているのかというと、犯罪をするメリットがないからです。

彼らは第一に自分の利益を優先します。

犯罪するメリットない場合、絶対に犯罪を起こしません。

そういった意味で言えば、法律を厳しくすればいいので、一般の人よりかは扱いやすい部類に入ります。

しかし、犯罪行為で莫大な利益を得られる状況になれば彼らは躊躇わず犯罪を犯します。

その具体例を挙げていきます。

やばいのは、サイコパスだけでなく反社会性パーソナリティ障害とサディストの特徴が加わった状態です。

反社会性パーソナリティ障害は犯罪行為を好む傾向にあるので、犯罪行為そのものが楽しい。楽しい=徳であり、更には利益の入ってくる状況を選びます。

詐欺や窃盗、場合によってはお金を貰って殺人する人もいるかもしれません。

そして、サイコパスのサディストの場合は、【人を苦しめる事=快楽を得られる行為=徳】なので、金銭的な損得に関係なく犯罪行為や虐めをします。

やばいですよね。

大事なのは反社会性パーソナリティ障害かサディストかどうかです。

逆に言えばドMなサイコパスは全くもって無害なんです←ここ重要

つまり、サイコパスは不安を感じず恐怖も感じないので自己アピールもしっかりしてて異性にモテますし仕事で大成功する事もあります。

うつ病とも無縁です。

ここまで聞くと、サイコパスになりたい!って人もいるんじゃないでしょうか?

遺伝や脳の障害なら不可能じゃんって思われるかもしれませんが、現代の科学ならそれが可能なのです。

具体的にサイコパスになる二つの方法を紹介したいと思います。

1・仏教の寺で修業をする。

不思議な事に仏教のお坊さんというのは、先天的ではなく後天的にサイコパスになる事が分かっています。

仏教の修業や教えというのは素晴らしいのかもしれません。

キリスト教などは、神を信じれば救われるとありますが、仏教では自分自身がサイコパスになる事で不安を感じなくなり強制的に幸せのレベルを高めることが出来るのです。

具体的に言えば、瞑想などが最も効果が高いと言われています。

数日間だけでも寺で瞑想を教えてもらうといいかもしれませんし、瞑想のやり方を検索すればいくつか出てくると思うので、瞑想自体は実践しやすいんじゃないでしょうか?

2・前頭葉に磁力をあてる治療を受ける

これは最近うつ病の治療で使われている方法です。

磁力をあてる事によって一時的に特定の部位の脳の機能を鈍らせる事が出来ます。

すると、簡単にサイコパスの状態になり、無敵感を感じて元気になります。

お金の余っている人は病院で治療してもらうのが早いかもしれません。

長年薬物投与でも治らなかったうつ病患者が、磁気治療であっという間に治ったという例もあります。

ただ、効果は一時的なものなので継続する必要がある事はお忘れなく。

サイコパスはモテる

脳の機能が普通の人の場合、恋愛をすると大抵非合理な決断をします。

言わなくても良い事を言ってしまったり、出来もしない駆け引きをしようとして振られたり、頑張って尽くしすぎた結果メンヘラ認定されたり。

しかし、サイコパスはそれがほぼありません。

人を好きになっても、脳が混乱する事がないので常に冷静沈着で相手が欲しい言葉や行動を出せるのです。

だからこそモテるんですね。

関連記事